FX取引をはじめたばかりの方がマーケットの要を捉えるためにはまず注文を積み重ねていく事が必要です。77-1-79

特に、あらかじめ危険を避けれるようになるためには、負けをすることも大切です。77-3-79

ただし、損をするといっても、やり直しが効かないほど大きな間違いをする事は話になりません。77-18-79

やり直しが効く失敗を数度重ねる事が、結果としてあなたのレベルを上げてくれます。77-19-79

これを考えると、最初はわずかな額で売買を行いそこで数度簡単なマイナスを経験することが大切です。77-6-79

たとえば、100万円しか投資する余裕が無い場合、深く考えずに100万円を一円も残さないで投入してトレードすると負けた時その後再起できなくなってしまう不安があります。77-15-79

そのため、ひとつの例として10分の1ずつエントリーして、ここで買ったり負けたりを積んだ方が少しずつミスを補う術なども習得するはずです。77-2-79

最初に少額資金で売買する事の利点は先ほど書いたように、自らの経験値を高め、間違いを制御する術を習得していく事にありますが、それと同時に、注文の回数を重ねて、偶然性を小さくできるという良いところもあります。77-8-79

例として、1回だけのトレードで勝てる可能性が50%とします。77-4-79

言い換えると、同じだけ損失を生む危険性もあります。77-5-79

勝率5割ということは。

2回に1回の比率で利益が上げられる事を示しています。

だがしかし、全部の投資資金をつぎ込んで1回だけの売買をするということは明確な勝ちか、負けのどちらかだけになってしまいます。

これでは1度だけの丁半バクチと同じ。

結局のところ、全てのお金を投資して1回だけしか仕かけないと、この分だけ損失が生じるリスクが高まります。

それだけに、資金を全て賭けるのではなく何度かに分けて機会を重ねる事がリスク分散となる。

少しずつに分割しても、すべての取引で利益を出す事は不可欠ではありません。

全部は勝てないのが現実です。

トレードで重要なのは勝つ回数ではなく、どのようにプラスに出来るかです。

勝率が2分の1でも、或いは5割以下でも利益を上げる事が出来ます。

負ける確率が高くてもその収益がわずかであれば、3割の勝ちの利益の大きさで相当儲ける事が出来ます。

それには、損失を小さく、利益を大きくを心がけることだ。

損失が生じたら直ちにロスカット注文して、勝った状況では上手く儲けることが外為取引ビギナーがFX取引で勝つための方法です。