ヨーグルトを食べてもお通じが改善しない、ということがありませんか。

ヨーグルトを毎日食べているのにお通じが改善されないときは、味噌汁を飲んでみましょう。

ヨーグルトには体を冷やす性質があります。

体が冷えると便秘が悪化します。

味噌には植物性乳酸菌が豊富に含まれていて腸内環境を整え、温かくて血流をよくして腸の動きを活発にする働きがあります。

午前中は体が冷えやすいです。

朝に一杯の味噌汁を習慣にして体を温めましょう。

胃の中が空っぽになっている朝にごはんを食べると、胃大腸反応が起こり腸の蠕動運動が活発になります。

これにより腸内の便がぐーっと押し出されて便意を感じます。

大きな蠕動運動は朝がもっとも起こりやすいです。

そのため、朝食は大切なのです。

朝は忙しくて朝食を食べる時間がないと思います。

朝食を食べないと大きな蠕動運動が起こらないので、せっかくの便通がよくなる機会を逃してしまいます。

味噌汁なら手軽に素早く飲めるので、忙しい時にもぴったりです。

インスタント味噌汁でも構いません。

ヨーグルトで便秘が解消しないときは、味噌汁を試してみてください。