ストレスは、うつ病、不眠、倦怠感、自律神経失調症、肌荒れなどさまざまな不調を招きます。ストレスはためこまないようにしましょう。 休日はゴロゴロして体を休めストレス解消、と休日になると家でゴロゴロして過ごしていませんか。体を休めているつもりでも、実はゴロゴロしていると疲労とストレスがたまることがあるのです。 体を動かさないと血液やリンパの流れが悪くなり老廃物がたまります。老廃物がたまると肩こりやだるいといった症状が現れます。これらの不調がストレスになることもあるのです。 体を動かすと交感神経が活発になります。交感神経がちょっと活発になることで自律神経のバランスを取ろうとして、リラックスしているときに活発になる副交感神経が働きます。これによりストレスが解消されます。 大きな声を出したり運動すると、その後スッキリすることがありませんか。体を動かしたりすることでストレス解消になるのと、副交感神経が活発になるからです。 ゴロゴロしていないで体を動かすことがストレス解消に有効です。